花粉や黄砂…この時期気になる肌荒れにアンチポリューション!

花粉や黄砂…この時期気になる肌荒れにアンチポリューション!

FACE LOG

春の肌トラブルを加速する環境ストレスとは

春の肌トラブルを加速する環境ストレスとは

紫外線量が増え、花粉や黄砂などの環境ストレスによる肌荒れも気になる春。そんな時期のスキンケアに取り入れたいのが、「アンチポリューション」です。今回は、近年注目が集まっているアンチポリューションについて、美容皮膚科医の高瀬聡子先生に質問。私たちを取り巻く環境が、肌に及ぼす影響について解説していただきました。

肌が日々触れている空気の中には、紫外線やブルーライトなどの光や、花粉や黄砂、PM2.5などの大気汚染物質が含まれています。近年、これらの環境ストレスによる肌ダメージが注目されるようになってきました。

「敏感肌の人は肌のバリア機能が弱く、大気汚染物質によるダメージをとくに受けやすい状態。健康な肌の人でも、大気汚染物質にさらされ続けると、皮膚内部に活性酸素が過剰に発生し、細胞やDNAにダメージを与えてしまうのです」(高瀬先生)。

春になると肌が敏感に傾きがちになるのも、大気汚染物質が関係しているのだとか。
「いわゆる大気汚染物質として有名なのが、花粉や黄砂、PM2.5です。これらは、偏西風の影響により風が強くなる冬から春にかけて、空気中の濃度が上昇する傾向にあります。大気汚染が悪化の一途をたどる中国から、偏西風にのって日本に上陸する黄砂には、PM2.5をはじめとする大気汚染物質が多く含まれていると考えられます」(高瀬先生)。

また、陽射しが強まる春は、空気中に含まれる紫外線やブルーライトにも注意したいもの。
それぞれが肌に与える影響と、肌トラブルを引き起こすメカニズムとは?

■大気汚染物質(花粉、黄砂、PM2.5など)
肌に付着するとアレルゲンとなり、活性酸素が発生。アレルギー反応として、肌に赤みやかゆみなどの炎症を引き起こす。

■紫外線
肌のメラニンを増やし、真皮にダメージを与えることで、シミやシワ、たるみといった老化を促進する。

■ブルーライト
人の目で見ることのできる可視光線の中でももっとも強いエネルギーを持つ青色光。角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、目や身体に大きな負担をかける。紫外線のUVA派に近い性質を持ち、真皮層にまでダメージを与える。

大気汚染物質が肌に付着した状態で、紫外線やブルーライトを浴びると、活性酸素の発生が加速して肌ダメージも深刻に! 大気汚染物質と紫外線などの光は、同時にケアすることも重要です。

アンチポリューションで環境ストレスに対抗

アンチポリューションで環境ストレスに対抗

これらの環境ストレスに対抗するため、最近注目されているのが、アンチポリューションという考え方。大気汚染(ポリューション)から肌を守る(アンチ=防御する、対抗する)という意味で、そういった効果のあるコスメも増えてきています。
春の肌荒れが気になる人は、アンチポリューション的ケアを取り入れてみましょう!

<日常でできるアンチポリューション>
・ナイロン製の上着を着る

ナイロンは、大気汚染物質が付着しにくい素材。自宅に入る前に上着を払うことで、室内に花粉や黄砂を持ち込まずに済みます。

・マスクを着用する
大気汚染物質が、直接肌に触れないようにするのも一つの方法。外気に触れる肌面積を少なくすることで、大気汚染物質の影響を軽減します。

・空気清浄機を使用する
大気汚染物質を室内に持ち込んでしまった場合に有効なのが空気清浄機。PM2.5やアレルゲン対応と記載があると安心です。

・換気や窓の開閉を必要最小限にする
少しの窓の開閉でも、大気汚染物質は侵入してきます。換気の際は、窓の開閉を最低限にし、空気清浄機を併用して。

・自宅に帰ったらすぐ、うがい・手洗い・洗顔をする
肌に付着した大気汚染物質は、できるだけ早く除去することが大切です。それには、洗い流すことが効果的。のどなどの粘膜への付着も心配なので、うがいも徹底して。

・保湿を徹底する
肌のバリア機能が低下していると、大気汚染物質の影響を受けやすくなります。バリア機能を正常に保つには、肌の潤いが欠かせません。いつもよりしっかりスキンケアを。

・UV対策を手堅くする
紫外線やブルーライトなどの光は、肌のバリア機能低下につながるうえ、大気汚染物質による活性酸素の発生を加速させることも。外出しない日もしっかり日焼け止めを塗り、外出時はこまめに塗りなおしましょう。

春の肌トラブル対策として、新たなスタンダードになりつつあるアンチポリューション。ぜひ取り入れて、肌荒れ知らずの春を過ごしましょう!

監修/ウォブクリニック中目黒総院長 高瀬聡子先生
皮膚科医。「高機能・高実感」と「ラグジュアリー・クオリティ」を同時に叶える化粧品「アンプルール」の研究開発も行う。雑誌、テレビ出演などさまざまな分野で活躍中。

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ