いま話題の美肌菌に働きかける「発酵コスメ」とは!?

いま話題の美肌菌に働きかける「発酵コスメ」とは!?

FACE LOG

そもそも「発酵コスメ」って、どんなもの?

そもそも「発酵コスメ」って、どんなもの?

美容業界で最近注目されているトピックスをご紹介。今回は、肌フローラのバランスを整えるとされる「発酵コスメ」について。美容ライター/アナリストの小林未佳さんに、「発酵コスメ」とは何なのか、肌に与える効果とメリットを教えていただきました。

これまでのスキンケアは、「肌に栄養を与える」という考え方が基本。それが近年、「肌にもともと存在する皮膚常在菌に働きかけることで、肌を良い状態に整える」という考えのスキンケアが増えてきました。なかでも注目されているのが、発酵のパワーを利用した「発酵コスメ」です。

小林さんによると、「一般的に発酵コスメとは、何かを発酵させたエキスを配合したコスメのこと。発酵により肌にいい成分が増え、肌にも効きやすくなるんです」とのこと。

微生物の働きで素材が発酵すると、もともと含まれていなかった成分が生み出され、含まれていた成分が分解されることで肌への効果・浸透性が向上し、美肌効果がアップするなどの作用が期待できます。

また、発酵エキスには、微生物により生み出されるアミノ酸やミネラル、ポリフェノール、糖など、さまざまな成分がバランスよく含まれるため、多角的な美肌効果が得られるのも魅力です。

<発酵コスメのいいところ>
■酵素のチカラで肌が柔らかくなり、角質ケア効果が期待できる
■肌に浸透しやすく、美容効果が発揮されやすい
■豊富な美容成分を含み、広く美肌効果が得られる

発酵エキスの種類はたくさん!

発酵エキスの種類はたくさん!

発酵コスメに使われる発酵エキスの種類は非常に多く、大豆や豆乳、お米、黒糖など、さまざまな素材が由来になっています。そのため発酵エキスによって、期待できる美容効果も異なります。

<主な発酵エキス>
・コメヌカ発酵エキス

コメヌカを酵母などで発酵することにより得られるエキス。糖類やアミノ酸類、ビタミン類を多く含み、肌機能の活性効果や保湿効果が期待できる。

・豆乳発酵エキス
豆乳を乳酸菌などで発酵することにより得られるエキス。女性ホルモンに似たイソフラボンという成分が豊富に含まれ、肌機能の活性化や皮脂抑制効果が期待できる。

・オオムギ種子発酵エキス
大麦を麹菌や酵母で発酵することにより得られるエキス。角層を正常に形成する作用があり、毛穴の目立ちを軽減する効果が期待できる。

・イチジク果実発酵エキス
イチジクの果実を酵母などにより発酵することで得られるエキス。高い保湿効果があり、ヒアルロン酸の産生促進効果が期待できる。

・コメ発酵エキス
ライスパワーエキスは米を原料に、麹菌や酵母、乳酸菌などの微生物を用いて、発酵・熟成され抽出されるエキス。発酵条件を変えることにより、期待できる効果が変わる特徴がある。例えば、ライスパワーエキスNo.11 は、「肌の水分保持機能を改善する」という効果があるが、ライスパワーNo.6には「皮脂分泌を抑制する」という効果がある。

・乳酸菌培養液
乳酸菌により発酵されたエキスから、余分なものを除いて得られるエキス。乳酸や糖、アミノ酸などを含み、保湿作用や皮膚を弱酸性に維持する作用、抗酸化作用などがある。

・酵母エキス
主にパン酵母を抽出して得られるエキス。細胞を元気にする効果や、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果がある。


これら以外にも、成分名に「発酵」という言葉が使われていなくても、発酵によって得られている成分はたくさん。

「発酵コスメ=万能、ではありません。スキンケアコスメを選ぶときは、自分の肌には今どんな効果が必要か、どんな肌悩みを解決したいのかを考えながら選ぶのが大前提。その選択肢に発酵コスメがあれば取り入れる、というかたちがおすすめです」(小林さん)。

まずは、化粧品にどんな発酵性分が含まれているのか確認し、求めている効果に合わせてチョイスを。

他のスキンケアに比べて即効性があるというわけではないので、ある程度は使い続けることが大切です。FACE LOGで肌の日々のちょうしをチェックしながら、発酵コスメの効果を確かめてみましょう!

監修/美容ライター、アナリスト 小林未佳さん

化粧品・美容に関するライター兼アナリスト。関西学院大学理学部卒業後、化粧品メーカーの研究職に就き、製品開発を行う。その後、化粧品の商品企画・マーケティングへと転身。研究者、マーケッター、消費者と多角的な視線で美容を分析し、女性の美をバックアップする情報を発信している。

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ