久保裕丈さんインタビュー デキる男性が選ぶ好印象女性の条件

久保裕丈さんインタビュー デキる男性が選ぶ好印象女性の条件

FACE LOG

ビジネスシーンでもプライベートシーンでも初対面で印象がいい女性の共通点とは? 初代バチェラーであり、実業家である久保裕丈さんに、“ハイスペ男性”に選ばれる女性の共通点について聞きました。

表情や目の動きに、女性の内面がにじみ出る

初代バチェラーであり、家具・家電のレンタルサービスCLAS(クラス)の代表取締役社長である久保裕丈さん。高収入・高学歴・高身長・容姿端麗……といった久保さんのような“ハイスペック男性”を理想とする女性も少なくないはず。そんなハイスペ男性との出会いには第一印象が重要。仕事でもプライベートでも、初対面で印象のいい女性について久保さんに聞いてみました。


「初対面の女性の表情や目の動きには、つい目がいきますね。やはり表情には内面がにじみ出るでしょうし、普段の精神状態が顔に現れると思います。口角が下がっていると『日常に何か不満があるのかな』と感じてしまいます。

あとは肌。肌がきれいだとやはり印象はいいですね。肌の色というよりも、キメが整っているかどうか。肌が荒れていると食事や睡眠といった生活習慣が乱れているのかな、と思う場合もあります」(久保さん)


出会ったその瞬間の印象というより、普段どういう生活をして、どういうマインドの持ち主であるかという、見えない部分を大切にしているようです。


「じつは先日、経営者同士の集まりで、『結局のところ、どういう女性がタイプ?』という話題になりました。改めて考えて気づいたのですが、経営者として自分の会社に社員としていてくれたらいいなと思う女性が理想です。

僕の会社の指針として「バリュー」を大事にしているのですが、難しい場面をどう乗り越えるか、どう工夫するか、何事にも主体性を持って考えて行動できる人が、会社にいてくれるととてもうれしいです。プライベートでも、そういった女性と一緒にいたいですね」

容姿よりも大切な“人としての気持ちよさ”

容姿よりも大切な“人としての気持ちよさ”

とはいえ、華やかな女性との出会いも多いのでは? 女性の外見についてはどう感じているのでしょうか?


「容姿について、全く気にしないとは言いませんが、人それぞれ好みがあるので、単にキレイだと言われる女性であればそれでいいというわけではありません。TVなどで顔やスタイルのいい女性に会う機会もありますが、やはりそれだけでは心は動かない。職業柄、色々な人に出会いますが、僕にとって一番は、そういった外見的な部分ではないのかもしれないと思っています。

というのも、お互いにハッピーで過ごすためには“人としての気持ちよさ”が重要だから。『一緒にいると気持ちがいいな』『気づくといつも笑顔でいられるな』という人にこそ、心が動くんです」


外見よりも、ていねいな暮らしぶりや仕事への取り組み方、マインドの持ち方などが、女性の最大の魅力なのかもしれません。理想の男性との出会いに備えて、華美に着飾ることよりも、まずは食事や睡眠、スキンケアなど自分の生活習慣の見直しから始めてみては。


撮影/金田邦男

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ