自分の肌色の傾向を知るとどんなメリットがあるの?

自分の肌色の傾向を知るとどんなメリットがあるの?

FACE LOG

ひとくちに肌色といっても人それぞれ違う

自分の肌質に合ったパーソナルスキンケア、自分の体型に合ったパターンオーダーの洋服など、「自分に合うもの」を使うことが、トレンドでもあり主流になりつつあります。なかでも、「パーソナルカラー」「イエベ・ブルベ」と呼ばれている、自分の肌色の傾向と、それに合わせたメイクの色選びは、いま改めて多くの女性の注目を集めています。自分に似合う色選びのメリットやコツについて、ヘア&メイクアップアーティストの新見千晶さんにお聞きしました。

「肌の色は大きくわけて2つの傾向があります」と新見さん。「いわゆる“イエベ(イエローベース)”とは、黄色味が強い肌色、“ブルベ(ブルーベース)”は青みの強いピンク味がかった肌色を指します」

<黄色味が強い肌色の特徴>
・黄色がベースのファンデーションがなじみやすい
・目の周りのクマが茶色っぽく見える傾向
・血管が緑っぽく見える

<ピンク味が強い肌色の特徴>
・ピンク色がベースのファンデーションがなじみやすい
・目の下のクマが青みがかったグレーっぽく見える
・血管がブルーっぽく見える

自分の肌色がどちらのタイプか見分けることができれば、自分に似合う色の系統がわかるのだそう。すると、メイクはもちろん、洋服を選ぶ際にも参考になるのです!

「自分の肌色に合ったカラーを選ぶと、顔色をぱっと明るく見せることができるので、印象を良くすることができると思います」と新見さん。

肌色の傾向と、似合う色を見つけるには?

以下の項目から、自分にはどちらがあてはまるのか確認してみましょう!

肌色の傾向の見分けかた
<ファンデーションで見分ける>
オークル系のファンデーションとピンク系のファンデーションを塗り、どちらがより肌になじむかをチェックしてみましょう。オークル系がなじむ人は黄色味肌、ピンク系のほうがなじむという人はピンク味肌と言えます。

<血管やクマで確認する>
肌から透けて見える静脈の色が緑っぽい人、目の下のクマが茶色っぽい人は黄色味肌。静脈の色がブルーっぽい人、目の下がグレーっぽい人はピンク味肌と言えます。

似合う色の見つけかた
「顔色がぱっと明るくなるカラー=似合う色」と言えます。
チークやリップ、お洋服など、その色のアイテムを顔の前に置いたときの、顔色の変化をチェック! 同じ「ピンク」でも、顔色が明るく見えるピンクと、かえって顔色がくすんで見えるピンクがあるのがわかるはずです。

また、“パーソナルカラー診断”を参考にするのも手。「パーソナルカラーでは、似合う色を『春夏秋冬』の4つのグループに分類しています。黄色味肌の人は春と秋。ピンク味肌の人は夏と冬。基本的にはこちらのカラーを選ぶと良いと思います」(新見さん)

<黄色味肌に似合う春や秋のカラー>
コーラルピンク、サーモンピンク、黄緑色、ネイビー、オレンジ、ディープカラー、ゴールドなど、イエローベースの温かみのあるカラー

<ピンク味肌に似合う夏や冬のカラー>
ローズピンク、ショッキングピンク、ブルーグリーン、ラベンダー、ロイヤルブルー、パステルカラー、シルバーなど、ブルーベースのクールな印象のカラー
 

自己判断はなかなか難しい…?

自己判断はなかなか難しい…?

しかしながら、自分の肌色を間違って認識している人も多いよう。

「顔の面積の大部分をしめるので、ファンデーション選びはとても大切です。黄色味肌の人がピンク系のファンデーションを塗ることで白浮きしたり、反対にピンク味肌の人がオークル系のファンデーションを塗ってくすんで見えたり、首の色との違いから、少し不自然に見えてしまうというケースも少なくありません。自分の肌色がわからないという場合は、まずサンプルをオークル系とピンク系の両方をもらって塗ってみて、より肌なじみが良いものを選びましょう」


FACE LOG では、メイクをしていない状態の肌を撮影することで、イエロー系かピンク系かを確認することができます。自己判断にあまり自信がもてないという人でも、簡単に自分の肌色傾向がわかるため、今まで以上に自分に似合う色のメイク、ファッションが見つけられるかもしれません。

監修/ヘア&メイクアップアーティスト 新見千晶さん
美容誌・雑誌・広告などで、モデル・女優・タレントを担当するヘア&メイクアップアーティスト。撮影現場で培ったプロの美ワザを詰め込んだ著書も多数出版している。

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ