毛穴悩みに終止符を打つ! 医師が教える毛穴ケア法

毛穴悩みに終止符を打つ! 医師が教える毛穴ケア法

FACE LOG

多くの女性を悩ませる“毛穴問題”

高温多湿のこの時期は、肌がベタつきファンデーションがよれてくずれがち。すると、鼻の毛穴がメイクから透けて見えたり、夕方になるとファンデーションが頬の毛穴に落ちてぽっかり穴が開いたように見えたりと、断然気になるのが「毛穴」です。そこで今回は、これまで多くの悩める女性を毛穴問題から救ってきた、皮膚科医の吉田貴子先生に、ベタベタぽつぽつとした毛穴を正しくケアする方法をお聞きしました。

「鼻や小鼻〜頬にかけての毛穴が目立つ原因は、皮脂分泌にあります」と吉田先生。「皮脂が過剰に分泌されると毛穴が押し広げられ、毛穴が詰まってしまいます。これは、生まれつきの皮脂分泌量の差が大きく影響しています。どうしても皮脂分泌量の多い人は毛穴が目立ちがち。でも、いまの毛穴の状態を決めるのは、スキンケア習慣での“油分とのつきあいかた”も重要なんです」
 

過剰な油分が毛穴をさらに詰まらせる

過剰な油分が毛穴をさらに詰まらせる

吉田先生によると、毛穴が目立つ人は、過剰な皮脂が毛穴に詰まった状態。「そこからさらに毎日のスキンケアで外側から油分を与えすぎると、ますます毛穴の詰まりを悪化させることになる」のだとか!

油分過剰!? あなたのスキンケア習慣をチェック!
□クレンジングはオイルを使用
□ファンデーションはリキッドタイプを使用
□オイル美容にハマっている
□保湿の最後は濃密クリーム派
□メイクを落とさず寝てしまうことがよくある

なぜNGなの? 理由を解説!
「洗い流すとはいえ、毎日のオイルクレンジングはニキビや毛穴を悪化させかねません!」と吉田先生。同じ理由から、オイル美容や保湿クリームも豊富に含まれる油分は毛穴に悪影響を及ぼすおそれがあるそう。また、「保湿ケアは重要ですが、ただでさえ皮脂分泌の多い人がオイルやクリームなど油分たっぷりのアイテムを使うと、逆効果。化粧水をしっかりなじませた後、油分が控えめなジェルを使って水分を肌に閉じ込めましょう。ちなみに、リキッドタイプのファンデーションは毛穴を詰まらせやすいので要注意。メイクを落とさずに寝るのは言わずもがな、メイク汚れを毛穴に詰まらせるのでNGです!」(吉田先生)
 

では、どうやってケアしたらいいの?

では、どうやってケアしたらいいの?

大前提として「毛穴に詰まった皮脂はしっかりと取り除くこと!」と吉田先生は言います。「『毛穴に詰まった皮脂を押し出すと、逆に毛穴が開く』という説もあるようですが、詰まったものをきちんとお掃除しない限り、毛穴の詰まりも開きも黒ずみも解決しません!」

正しいケア法のポイントはコチラ!
<クレンジング>
ジェルタイプのクレンジング料を使い、メイクの汚れはしっかり落とす!

<毛穴の詰まりを押し出す>
ドラッグストアでも購入可能なコメドプッシャーや綿棒などを使用して、毛穴に詰まった皮脂を押し出します。入浴後など、肌が清潔で水分が多く含まれ、柔軟な状態で行い、毛穴の周囲の皮膚は傷つけないように注意しましょう。クリニックでも行う治療法なので、自己流で不安がある場合や、自分ではうまくできない場合には一度クリニックで治療してもらい、要領をつかむのもおすすめです。

<保湿ケア>
化粧水でしっかり水分を補ったあと、ジェルでうるおいを肌にとじこめましょう。ピーリング作用のあるグリコール酸を配合したアイテムは、皮脂を排せつしやすくなり、毛穴が詰まりにくくする効果が期待できます。

<美容液で集中ケア>
・ビタミンC
ビタミンC は抗酸化・抗炎症作用が高く、皮脂分泌を抑える働きがあります。また、毛穴が開きやすい人は多くの場合、小鼻のキワや毛穴まわりに赤みがでやすい傾向があり、そのケアにも有効です。

・アスタキサンチン
抗酸化作用がビタミンCよりさらに高く、皮脂分泌を3割程度抑える働きがあるため、クリニックでも重宝している美容成分。毛穴ケアはもちろん、シミのケアにも高い効果を発揮します。

<UVケア>
日焼けによる肌の乾燥は、肌の角質を硬くして、毛穴をより目立ちやすくしてしまいます。紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

<ベースメイク>
リキッドよりもパウダータイプのファンデーションのほうが、毛穴を詰まらせにくいです。

NGケア法もチェック!
<オイルの使いすぎ>
これまで述べてきた通り、オイルクレンジング、オイル美容は毛穴ケアには悪手。

<はがすパック>
毛穴の汚れは取れますが、毛穴の周りの肌に負担がかかり、肌が硬くなっていくため、ひんぱんに使い続けるのはNG。毛穴を詰まらせないためには肌が柔軟であることが重要です。

<スクラブやゴマージュ>
毛穴が目立たなくなったように感じますが、ポツポツと飛び出ていた毛穴の表面が磨かれただけで、根本解決にはなりません。こちらも頻繁に行うと肌に負担がかかるのでおすすめできません。


FACE LOGでは、肌を撮影して記録することで、自分の毛穴の状態を知ることができます。ぜひ、今回紹介したケア法を実践しながら、毛穴の状態の変化を観察してみてください。

監修/渋谷スキンクリニック 院長 吉田貴子先生
皮膚科・美容皮膚科医。一般皮膚科と美容皮膚科の両方を開設し、男女問わずあらゆる肌の悩みに向き合う。なかでもニキビや毛穴治療を得意とする。

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ