もっと私に似合うメイクを! 肌色別リップカラー選びのコツ

もっと私に似合うメイクを! 肌色別リップカラー選びのコツ

FACE LOG

イエベとブルべで似合うリップの色は違う!

同じ日本人でも、肌の色は人それぞれ。昨今では、肌色をあらわす言葉として「イエベ・ブルベ」が定着してきました。そんな自分の肌色の傾向を知り「自分に合うもの」を選びたいという人も多いはず。そこで今回は、肌色に合わせたリップカラーの選び方について、ヘア&メイクアップアーティストの新見千晶さんにお聞きしました。

「リップカラーが顔全体に与える影響は、かなり大きいと思います」という新見さん。「リップを塗っているのと塗っていないのとでは、相手が受ける印象がまったく変わります。リップを塗るだけで、その瞬間に顔色がパッと明るく見えるように。リップカラーには、第一印象を左右するほどの効果があると思います」。

そんなリップカラーだからこそ、似合わない色を選んでしまったときのダメージも大! 「肌色に合っていない色のリップを選んでしまうと、肌がくすんで見えたり、顔全体がどんよりとした印象に見えたりすることも。自分に似合うカラーを選ぶことで、肌色が明るく見え、透明感もアップして健康的に見せられるのです」。
 

イエベ・ブルべ別、色選びのポイント

肌色には、黄みが強い「イエベ(イエローベース)」と、青みの強いピンク寄りの「ブルべ(ブルーベース)」の2つの傾向があります。自分がどちらのタイプかわかると、似合う色の系統がわかるように。それぞれに似合う色味、NGな色味があるのでチェックしてみましょう。色選びのポイントは、自分の肌色と同じベースカラーが使われていること。イエベなら黄み、ブルベなら青みの入ったカラーを選ぶと、肌から浮かずなじんで見えます。逆に、正反対のベースカラーが使われている色は、避けた方がベターです。

<イエベ>
似合う色味……コーラル系、オレンジ系、サーモンピンク系など、黄みが入った色
NGな色味……青みがかったピンク

<ブルべ>
似合う色味……ピンク系、ローズ系、ブルーの色調が入った赤など、青みが入った色
NGな色味……オレンジ系
 

似合うトレンドカラーをピックアップ!

似合うトレンドカラーをピックアップ!

実際、どんなカラーが似合うのかわからない人のために、イエベ、ブルべ、それぞれに似合うリップの色を新見さんがチョイス。
「トレンドはこれまでに引き続き、赤系のビビッドなカラーのリップ。夏に向けてラメが入っているタイプも、新作がたくさん出ているので要チェックです」。

「手持ちのリップカラーが、全然違う色だった」という人は、リップカラーを塗る前にティントリップを仕込んでみて。「イエベならオレンジ系、ブルベならピンク系のティントリップを薄く塗ってから、手持ちのリップを重ねましょう。ティントリップは、唇の水分に反応して、自分の唇に合わせて色が変わるので、唇の色が自然とキレイに。その上から、色が浮いてしまうリップカラーを塗ると、不思議となじみやすくなります」。


FACE LOGは、肌を撮影することで、黄み寄りの肌か、ピンク寄りの肌かという自分の肌色の傾向を確認することができます。もっと自分に似合うリップカラーを見つける際の参考にしてみては。


監修/ヘア&メイクアップアーティスト 新見千晶さん
美容誌・雑誌・広告などで、モデル・女優・タレントを担当するヘア&メイクアップアーティスト。撮影現場で培ったプロの美ワザを詰め込んだ著書も多数出版している。

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ