夏の汗による、気になるニオイのケア法とは?

夏の汗による、気になるニオイのケア法とは?

FACE LOG

汗が増える夏、あなたのニオイは大丈夫!?

気温が上がり、汗ばむ季節が到来しました。ちょっと外に出るだけで噴き出す汗は、その後のニオイも心配のタネ。「なんか汗臭い…」と周りに思われていないか、不安になることも多いはず。今回は、そんな汗とニオイ対策について、美容皮膚科医の中野あおい先生に伺いました。ニオイ発生のメカニズムを知り、効果的なニオイ対策で爽やかな夏を過ごしましょう。

そもそも、なぜ汗をかくとニオイが発生するのでしょうか。中野先生によると、汗が分泌される「汗腺」は2種類あり、そのどちらもニオイ発生につながる場合があるそう。

「わき、耳、陰部、乳輪、おへそなどにある『アポクリン腺』から出る汗は、ワキガ臭の原因とされています。少量のたんぱく質や脂質、アンモニアを含み、それらが細胞分解されることでニオイが発生。とくに、わきの下に多い汗腺です。また、体のいたるところにある『エクリン腺』は、主に体温調節のための汗腺。出る汗は基本的に無臭ですが、垢や皮脂などと混ざりあうと、細菌が発生してニオイにつながります」

臭う人と臭わない人の違いとは?

ニオイが発生するメカニズムで、すべての人が臭うかというと、臭う人と臭わない人がいることも事実。その差は、どんなところにあるのでしょうか?
「そもそもニオイを出さないためには、毎日の健康的な生活が大切です。規則正しい生活やヘルシーな食生活は、汗に含まれる成分にも影響します」
下記のポイントを押さえて、体質改善にとりかかるのも、ニオイ対策の1つの方法です。

■臭わせない生活習慣
・規則正しい生活
 不規則な生活で自律神経のバランスが崩れると、内臓機能の低下や血行不良などにつながり、ニオイが発生しやすくなります。

・ストレスを溜めない
 アポクリン腺は、ストレスを感じたり緊張したりすると活発になり、汗の分泌量が増えます。

・動物性たんぱく質を控える
 動物性たんぱく質や脂質の多い食べ物は、アポクリン腺からの汗の分泌を促進。皮脂も増えやすく、ニオイがきつくなることに。

・乳酸菌や食物繊維をとる
 腸内環境を整えることで、体内に毒素が溜まりにくくなり、ニオイ軽減につながります。

・適度な運動をする
 運動不足は汗の分泌低下につながります。適度な汗には、毛穴汚れの排出や肌のバリア機能を保つ効果が。毛穴汚れが溜まっていると、細菌の繁殖につながります。

・エアコンに頼りすぎない
 冷房を使いすぎると体温調節がうまくいかず、汗の分泌低下につながります。

効果的なニオイケアは?部位ごとにチェック

効果的なニオイケアは?部位ごとにチェック

ニオイ対策の要となるのは、汗をかく前の予防と、汗をかいた後のケア。とくに、ニオイの原因となる『アポクリン腺』から出る汗は、きちんと対策しておきたいところです。

ニオイ対策の基本は、汗を出にくくすることと、汗を放置せず清潔にすること。とくにニオイが気になりやすい部位について、ニオイケア法をご紹介します。

■わきの下
・汗をかいたら、すぐにふき取る
 ニオイの元となる汗を放置しないことが大切。タオルでこまめにふくだけでも効果はありますが、汗ふきシートなどを取り入れても。

・石けんで洗って清潔に保つ
 皮膚表面はもちろん、毛穴のなかで細菌が繁殖することも。朝晩のシャワーや入浴時に、石けんやボディソープを使って清潔にしておきましょう。

・汗とりパットを使う
 肌の上に汗が残っていると、細菌繁殖の原因に。汗とりパットで汗を吸収し、こまめに取り替えましょう。

・制汗剤で汗を抑える
 外出前に制汗剤を使用することで、そもそもの汗の量を抑制。時間が経ったら、濡らしたタオルや汗ふきシートなどでふき取ってからつけ直すと効果的です。

・ムダ毛を処理する
 毛が生えていると、汗や細菌が溜まってしまいます。こまめに処理するか、レーザー脱毛も効果大。脱毛により毛穴が引き締まり、細菌繁殖を抑制できます。

■足
・靴やサンダルは毎日履き替える
 靴は蒸れやすく、細菌が繁殖しやすいアイテム。またサンダルは素足で履くため、皮脂や汗汚れが残りやすいもの。連続して同じシューズを使わず、一度使ったら除菌スプレーをかける、通気性のいい場所に干すなどで清潔にしましょう。

・制汗、消臭アイテムを使う
 とくに汗をかきやすい指の間には、靴下を履く前に制汗剤を塗布しておくと◎。足専用の制汗剤や消臭アイテムもあり、持ち運びやすいものもあるのでチェックを。

■デリケートゾーン
・清潔に保つ
いつも衣類に覆われているデリケートゾーンは、蒸れやすく細菌が繁殖しやすいところ。デリケートゾーン用のウェットシートでこまめにふき取ったり、朝晩の入浴時にマイルドな洗浄力の石けんなどで洗ったりして清潔に保ちましょう。

・レーザー脱毛をする
 わきの下と同様、毛がない方が蒸れにくく細菌の繁殖も抑制できます。皮膚がデリケートなパーツなので、かみそりなどによる自己処理ではなく、クリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

■頭皮
・首を冷やす
 頭皮が匂うのは、エクリン腺からの汗を放置することで、髪の中が蒸れて菌の繁殖につながるから。首を冷やすと、汗がスーッと引く効果があります。

・頭皮冷却スプレーを噴きかける
 頭皮の温度を下げることで、蒸れが軽減されてすっきり爽快に。汗が引く効果も。


女性の場合は、ホルモンの変化で体臭が変わることも。生理前は皮脂分泌が増えるため、脂っぽい体臭に。生理中は、月経血の酸化腐敗のニオイが感じられるそう。

FACE LOGでは、「日々のちょうし」→「からだ」から生理開始日の記録ができるので、ニオイ変化の目安にも。また、ホルモン以外でも、糖尿病や肝硬変などの病気は、特有の体臭が発生することもあるので、違和感を覚えたらクリニックでチェックしましょう。


監修/あおいクリニック銀座 院長 中野あおい先生
美容皮膚科医、美容内科医。国際学会に出席するなど常に世界最先端の美容医療技術を吸収。数多くのオリジナル施術を発案・提供している。安全で効果的な施術、美へのあくなき追求と正確な技術で高い評価を得ている。

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ