肌タイプ別 目元が断然映える! ブラウンアイメイクのコツ

肌タイプ別 目元が断然映える! ブラウンアイメイクのコツ

FACE LOG

1つは持っておきたいブラウンのアイカラー

肌色の傾向をあらわす「イエベ・ブルべ」という言葉が広まり、自分の肌色に合うメイクアイテム選びを求める人も増えてきました。自分に似合うアイテムなら、メイクがもっと楽しくなるはず。今回は、オフィスでも休日でも使える、ブラウンのアイカラーをピックアップ。肌色に合う色選びと、シーン別におすすめの塗り方を、ヘア&メイクアップアーティストの新見千晶さんに教えていただきました。

アイカラーは、目元の印象を作る重要なアイテム。塗り方次第で、目を大きく見せたり目元の雰囲気を変えたりと、第一印象にも影響します。

「濃いめに強く塗ればきっちりとした感じ、目尻を強調してタレ目に見せれば優しい雰囲気など、アイカラーは塗り方次第でその人の印象をコントロールすることができます。似合うカラーを選べば、肌がキレイに見える効果も。逆に、似合わない色を選んでしまうと、肌がくすんで見えたり、老けて見えたりすることもあります。自分のパーソナルカラーにあったアイカラーを選んでほしいなと思います」(新見さん)。

そんなアイカラーの中でも、ブラウンは万能カラー。「ブラウンのアイカラーはシーンを選ばず使えるうえ、上手に取り入れると、彫りを深く、目をぱっちりと大きく見せることができます。」

みんなメイクポーチに1つは入っているブラウンのアイカラー。せっかくなら、効果的に使いたいところですね。

イエベ・ブルべ別、似合うブラウンとは?

日本人の肌色には、肌の黄みが強い「イエベ(イエローベース)」と、青みの強いピンク寄りの「ブルべ(ブルーベース)」という、2色のベースカラーがあります。メイクアイテムを選ぶときは、肌のベースカラーに合わせた色選びが必須です。

「イエベなら黄みのあるカラー、ブルべなら青みのあるピンクの傾向が強い色を選ぶことが基本ですが、ブラウンの場合はベースカラーの傾向が黄みと赤みに分かれることが多いので、ブルべの人は赤み寄りのものを選ぶのがおすすめです。」

■似合うブラウンの傾向
イエベ…黄みの強いブラウン
ブルべ…赤みの強いブラウン

トレンドのブラウンカラーを選ぼう!

トレンドのブラウンカラーを選ぼう!

種類豊富なブラウンのアイカラーの中から、今選びたいカラーを新見さんが肌色別にピックアップしてくれました。

「今のトレンドは単色のアイカラーで、色はくすんだ印象のものが人気です。この秋はラメ感が強いものにも注目が集まっています。」

シーン別ブラウンアイカラーの塗り方

汎用性の高さが魅力のブラウンのアイカラー。シーンに合わせて塗り方を変えることで、さらに効果的に活用できます。

■オフィス

パレットなどに入っている中間色をアイホールに塗り、ブラシや先の細いチップで目のキワに濃いブラウンを細く入れる。ブラウンのアイカラーでアイラインをぼかしながら、ほんのりグラデーションを作るようにすると、目が大きく見えるうえ、きっちりとした印象に。

■女子会

透明感のある単色アイカラーを、二重幅と下まぶたに少し広めに入れる。ラメやパール感のあるものを選ぶと軽さが出て、おしゃれ&かわいい仕上がりに!

■デート

全体的に軽く、ふんわりと仕上げるのがポイント。パレットにある中間色をまぶた全体にふんわりのせ、薄めブラウンを二重幅1/2に重ねる。さらに目尻部分に薄めブラウンを重ねづけすると、タレ目風の優しい印象の目元に見せられる。


FACE LOGは、肌を撮影することで肌色の傾向を確認することができます。黄み寄りの肌か、ピンク寄りの肌かわかるので、色選びの参考にしてみては。


監修/ヘア&メイクアップアーティスト 新見千晶さん
美容誌・雑誌・広告などで、モデル・女優・タレントを担当するヘア&メイクアップアーティスト。撮影現場で培ったプロの美ワザを詰め込んだ著書も多数出版している。

イラスト/南 夏希
 

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ