好感度の高い肌のつくり方 ~美容液選び編~

好感度の高い肌のつくり方 ~美容液選び編~

FACE LOG

肌悩みの解決をサポートする「美容液」

第一印象のよい美肌を目指すためには、正しいスキンケアを行うことが大切です。今回は、スペシャルケアというイメージのある「美容液」について。自分は美容液を使うべきなの? 使うとしたらどれを選べばいいの? そんな人に向けて、美容液の選び方と正しい使い方を、美容家の深澤亜希さんに伺いました。

ずばり、「美容液は好感度の高い肌にとって必須アイテム」だという深澤さん。

「美容液には、保湿や美白、毛穴、しわ、たるみなどの肌悩みをケアする役割があります。スキンケアアイテムの中でも美容成分が最も高濃度で配合されていることが多く、その成分が肌の必要なところまで浸透する処方がきちんと取り入れられているので、他のアイテムよりも効果が期待できるのです」。

成分や処方が高度な分、価格が高いアイテムが多いのも特徴。

「もちろんすべてではありませんが、各ブランドの最先端技術や処方、成分は、美容液に投入されている、とも言われるほど、美容液の効果は絶大。好感度の高い肌を育むためには、必要不可欠なアイテムです。」

美容液を使ったほうがいいのは、どんな人?

美容効果が最も高い美容液は、モテ肌に欠かせない潤いや透明感、ハリを手に入れるために、とても頼りになるアイテム。

「さまざまな肌悩みに特化した成分を配合したものが多く、肌にお悩みがある人には必要不可欠。肌悩みの解決はもちろん、これまで化粧水と乳液しか使ったことがない人にとっては、今までにない美肌への変化が期待できます。」

■美容液を取り入れるべきなのは、こんな人
・美容液をまだ使ったことがない人
・乾燥、しみ、しわ、たるみ、毛穴など肌トラブルが気になる人
・スキンケアで美肌を目指したい人

美容液を使うか迷っているなら、悩みに合わせた美容液を今すぐ投入しましょう!

美容液選びのポイントと、ケア法をチェック

美容液選びのポイントと、ケア法をチェック

美容液は、ブランドによって様々な有効成分が配合されています。どんな悩みに効果があるかは、成分の配合比率などでも変わってくるので、商品ごとに確認してみましょう。

「この成分は、この悩みに絶対効く!」という選び方よりも、「自分の肌と相性がいいか」というのが一番大切なこと。より効果的なアイテムを選ぶために、以下の3つのポイントをチェックしてみましょう。

■美容液選びのポイント
・有効成分が一定量きちんと配合されている
・肌悩みを解決できる、肌の内部(層)まで浸透する処方が組まれている
・価格、使用感、香りなど総合して、使い続けられるか

参考までに、悩み別によく配合される代表的な成分は以下の通り。

乾燥→コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなど

美白・しみ・くすみ→ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トラネキサム酸など

しわ・たるみ・ハリ不足→レチノール、ナイアシン、フラーレン、ビタミンA誘導体、ビタミンE誘導体など

美容成分の表示は、配合量が多いものから順に表記されるので、成分表示を見る際の参考にしてみては。

また、正しい使い方をすることも、美容液の効果をきちんと感じるためには重要です。使用するタイミングや量は、その美容液が推奨している使い方を守りましょう。

■効果を高める使い方
・肌と手が温かい状態で使用する
・肌になじませたら温かい手で顔全体をハンドプレス
・肌トラブルが気になる部分には、規定量よりやや多めに重ね付け

スキンケアに取り入れることで、お手入れがパワーアップする美容液。自分の肌に合う成分が見つかれば、お悩みまで解決してくれる頼もしいアイテムです。今すぐ取り入れて、FACE LOGで肌の変化を記録してみましょう。肌が元気になっていくのがわかるはずですよ。


監修/美容家 深澤亜希さん
女性誌やWEBの監修、広告やTV出演、化粧品会社などのコンサルティング、商品開発など、幅広く活躍中。「女性は正しい美容法を行えば、だれでも必ずキレイになれる」をモットーに、ビューティメソッドや美容法を発信している。Instagram @aki_fukasawa

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ