女性の大敵! 夏こそ気をつけたい「冷え」対策

女性の大敵! 夏こそ気をつけたい「冷え」対策

FACE LOG

意外と多い、夏の「冷え」に要注意!

女性にとって避けるべきと言われる体の「冷え」。気温の低い冬だけの問題と思いがちですが、実は暑い夏こそ注意が必要なんです。女性の美と健康の大敵となる「夏冷え」について、冷えてしまう原因と対策法を、ウェルネスビューティージャーナリストでメディカルフィトテラピストの資格を持つ久保直子さんに伺いました。

気温が高い夏に、体が冷えてしまうのはなぜなのでしょうか?

「暑い夏は、冷房や冷たい食べ物、飲み物など、体を冷やすものを取り入れがちなのに、さらにエアコンで全身を冷やしてしまうという過酷な環境にあります。また、暑いからといってお風呂に浸からず、シャワーで済ませてしまうなど、体を温めることを避けてしまう場合も。これでは、必要以上に体が冷えてしまいます。」(久保さん)

また、夏は1年で最も基礎代謝が落ちる季節であり、それも冷えにつながるそう。

「女性は筋肉量が男性よりも少なく、熱を作り出しにくいという特徴があります。そこに夏の基礎代謝の低下が合わさると、さらに熱が作り出しにくく冷えやすい状態に。だから夏は、太りやすい季節とも言えます。」

そして、季節を問わず、現代女性は冷えやすい状態にあります。

「体の冷えを左右する、血行や体温調節をコントロールしているのは自律神経。ストレスフルな現代社会は、自律神経のバランスが乱れやすい環境といえます。人間の体は、自律神経、免疫、ホルモンの3本柱でできており、自律神経のバランスが乱れると、ホルモンや免疫のバランスも崩れやすくなってしまいます。」

女性に冷えが大敵といわれるのはなぜ?

体が冷えやすくなっている現代女性は、夏に冷えを加速させないことが大切です。では、そもそも、なぜ女性は体を冷やしてはいけないのでしょうか?

「体温が1度下がると、免疫力は30%ダウンすると言われています。体が冷えるだけで、疲れやすい、だるい、風邪をひきやすいなどの症状が引き起こされるのです。また、冷えは血行を悪くする原因にも。冷えて血行が滞ることで、首のこりや肩こりの悪化、目元のくまや肌のくすみ、しわ、にきびなどの肌トラブルにつながります。血行不良により栄養がきちんと行き届かないことは、白髪や抜け毛などの原因にもなるので、美容面でも冷えはすべてのトラブルの根本になりえるのです。」

■冷えによって起こるトラブル
・ホルモンバランスの乱れ

冷えは自律神経の乱れを招き、ホルモンバランスにも影響が。ホルモンバランスが乱れると、PMS(月経前症候群)などの女性疾患の悪化につながります。

・肌トラブルの増加
冷えにより血行が悪くなることで、くまやくすみ、むくみなどにつながります。また、肌の細胞に栄養が行き届かずターンオーバーが乱れやすくなるため、肌荒れやにきび、しみやしわなどにつながることも。

・不眠
冷えることで自律神経のバランスが乱れると、交感神経から副交感神経へのスイッチがうまく切り替わらず、不眠を引き起こします。不眠は、さらに様々なトラブルを加速させる原因にも。

このようなトラブルにつながってしまう、体の冷え。女性にとって、体を温めることは、美容と健康のうえで欠かせないことなのです。

「夏冷え」を回避するための予防と対策

「夏冷え」を回避するための予防と対策

女性にとって避けるべき「夏冷え」。体を冷やさないために気をつけたいこと、冷えてしまったときの対策法とは?

■冷え予防&対策
・適度な運動、筋トレで筋肉量を維持する

体温を作り出すのは、主に動作に関わる筋肉。筋トレで筋肉量を増やせば、その分発生する熱量も増えていきます。とくに30才を過ぎると筋肉量も落ちやすくなるので、早めにトレーニングを習慣にして。

・ストレスを溜めない&解消する
ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、体温調節にも影響を与えてしまいます。香りやヨガ、呼吸法など自分に合ったリラックス法を見つけ、1日の終わりにはきちんと解消できるように心がけましょう。

・体が温まる食材を取り入れる
食べ物での冷え対策は、内側から体を温めてくれるうえ、冷えにくい体を作るのにも重要。しょうが、ねぎ、根菜などには、血行を良くして体を温めてくれる効果があります。寒い地域で作られる食材には、体を温める効果の高いものが多いので参考にしてみて。

・湯船に浸かる
湯船に浸かることは、体全体を直接的に温めることにくわえ、水圧による血行促進効果や、浮力によるリラックス効果でストレスをやわらげる効果があります。38~40度くらいのぬるめのお湯で15~20分、全身が浸かるようにして。

・冷たい飲食は避け、温かいものを摂る
体を内側から冷やしてしまう飲み物や食べ物は、たくさん摂らないように注意しましょう。できるだけ常温か温かいものを摂ることで、体の内側から冷えを防ぎます。

・部屋を冷やし過ぎない
長時間、冷房の効いた部屋にいると、体温が奪われるうえ、室内外の温度差によって自律神経が乱れる原因にも。冷房が効いた場所では衣類を1枚重ねる、設定温度を外気温の5度以内にするなどの対策をとりましょう。


美容と健康にとって、冷えない体はとても大切。体を冷やさない対策をとりいれて、さまざまな冷えトラブルを回避しましょう。
体を温めることで、気になっていたくまやくすみが改善するかもしれません。冷え対策と合わせて、FACE LOGで肌のちょうしを記録してみましょう。


監修/ウェルネスビューティージャーナリスト 久保直子さん
美容ライターを続ける中で、美容&健康には心身のバランスが大切だと気づき、DTWフラワーエッセンスプラクティショナー、AMPP(仏植物療法普及医学協会)認定メディカルフィトテラピスト、スポーツアロマテラピーアドバイザーの資格を取得。各媒体で独自情報を発信、アロマ調香など商品開発やカウンセリングなども行う。

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ