化粧水がピリピリする? 季節性の敏感肌に要注意

化粧水がピリピリする? 季節性の敏感肌に要注意

FACE LOG

秋冬に起こる「季節性敏感肌」の原因とは?

1年のなかで時々、肌に赤みが出たり、化粧水がしみたりする時期はありませんか? もしかしたら、それは「季節性敏感肌」かもしれません。今回は、秋冬に季節性敏感肌を引き起こす要因と、その対策について、美容皮膚科医の高瀬聡子先生に教えていただきました。

季節性敏感肌とは、特定の季節に肌が不安定になり、肌荒れをくり返してしまうこと。その代表的な要因は、花粉やほこり、ハウスダストなどの季節性アレルゲンといわれていますが、根本的な原因は「肌のバリア機能の低下」にあります。

「季節の変わり目は外気の温度や湿度が急激に変化するため、それに肌が追い付かず、肌が本来持っているバリア機能が低下しやすくなります。すると、外部刺激から肌を守ることができず、アレルゲンに反応してしまい、肌荒れが起きてしまうのです。」(高瀬先生)

とくに秋冬は、外気の湿度が急激に下がるため、肌も乾燥しやすくなります。この乾燥を放っておくと、バリア機能の低下が進み、ひどい炎症につながります。

<秋冬の肌乾燥を放っておくと…>
肌の水分保持機能、皮脂分泌量ともに低下、肌内部の水分が蒸発しやすい状態に。

肌表面は透明感、柔軟性を失い、肌のくすみ、しわ、ごわつきなどを引き起こす。

さらに乾燥が進行すると、外的刺激から肌を守れず、赤み、かゆみという炎症に。

<敏感になっている肌の状態>

肌内部は、角質層のなかに水分を保持する細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)が不十分で、水分を保持できていない状態。
このため、肌表面も粉をふいたようにカサつき、キメが乱れてツヤのない状態に。

肌の敏感度をチェックして、今すぐ対策を!

大切なのは、肌が炎症を起こす前に対策をとること。
下記の症状が出始めていたら、すぐにケアを始めましょう!

<敏感肌度チェック>

<季節性敏感肌のスキンケアPOINT>

1.クレンジング、洗顔で肌を洗いすぎない

皮脂は天然のバリア機能なので、取り過ぎるのはNG。通常のクレンジングや洗顔でも、皮脂は落ちてしまいます。とくに肌が敏感なときは、肌を擦らないように注意して。

2.角質ケアはお休みを
不要な角質を取り去った肌は、かなり無防備な状態。外的刺激も受けやすくなるので、肌荒れ中は控えましょう。

3.とにかく保湿を徹底する
乾燥を進行させないためにも、油分を補うケアをプラスして、肌の水分をキープ。肌内部が潤えば、肌荒れも緩和されていきます。

4.重度の場合は、低刺激のバームだけを塗る
化粧品がしみるレベルになると、スキンケア自体が肌の負担になる場合も。敏感肌用のバームやワセリンなどを、こまめに塗って、肌状態が立ち直るのを待ちましょう。

また、季節性敏感肌を予防するには、上記のケアにくわえ、紫外線対策と食生活の見直しをふだんから行うことが大切です。

紫外線対策……紫外線も、肌のバリア機能の低下を引き起こす要因のひとつ。とくにUV-Aは肌内部に到達してダメージを与えます。日焼け止め選びのときはPA値の高さにも注意して。

食生活の見直し……健康な肌を育むには、食事も重要。肌をつくるたんぱく質やビタミンなどがきちんと摂取できるように、バランスのよい食事を心がけましょう。

「そろそろ肌が荒れやすい季節だな…」と感じたら、予防ケアをスタートして。
正常なバリア機能が働いていれば、季節性アレルゲンにも反応しにくくなるはずです。

監修/ウォブクリニック中目黒総院長 高瀬聡子先生
皮膚科医。「高機能・高実感」と「ラグジュアリー・クオリティ」を同時に叶える化粧品「アンプルール」の研究開発も行う。雑誌、テレビ出演などさまざまな分野で活躍中。


イラスト/きくちりえ

TOPへ

アプリなら写真でカンタン肌診断。ひとりひとりのキレイにこたえていく。facelogアプリ